に前半→中盤→後半

前戯は大まかに前半→中盤→後半に分かれています。

 

前半はキスと、体への優しいタッチや口づけです。
いきなり乳首をつまんだり舐めたりはせず、首元にキスしたり胸を撫でたりして、女性にエッチへの準備を促します。

 

前半→中盤→後半

 

女性の表情がある程度変わって来たら中盤へ。
あえて避けていた乳首をコロコロ転がしたり、クリトリスにタッチするのもいいでしょう。

 

その流れで後半へ行き、乳首とクリトリスを同時に責めたり膣内を指でほぐしたり、挿入の準備をします。
面倒でもいきなり後半から入ってはいけません。
きちんと段階を踏めば踏むだけ、後々の女性の感度が違います。

 

まだテクが未熟なうちは、前戯より「自分が気持ち良くなりたい」という気持ちが強いかもしれません。
経験を積むにうちに女性を気持ち良くさせる事に燃えられる様になり、気持ち良くさせるときちんと自分にも返って来る事が分かります。

 

前戯は長過ぎても短過ぎてもダメです。長過ぎると前戯だけで満足してしまうし、短過ぎるとイキにくい女性は不満を持ったままセックスが終わってしまいます。
15分から30分ぐらいがちょうど良く、気分を保ったまま挿入に移行出来る最適な時間です。

 

女性とのセックスがイマイチだと感じていたら、時間のテクの改善が必要なのかもしれません。